大阪市内で営む放課後等デイサービス事業ではお子様達に合わせた発達支援を行います

お問い合わせはこちら

大阪市の放課後等デイサービス・合同会社Shalomの支援について②

放課後等デイサービスを通し保護者の方のケアも行います 

大阪市の放課後等デイサービス・合同会社Shalomの支援について② 

大阪市内にて活動している放課後等デイサービスでは、発達や心身に障がいを持つ子どもたちのケアだけでなく、そのご家族やお母さんのケアもおこなっております。発達に遅れのある子どもを持つとどうしても他と比較してしまい、その結果に一喜一憂して心に大きなストレスを抱えてしまいます。
また障がいを受け入れられない旦那さんから「しつけが悪い」と一蹴され、我が子のことであるにも関わらず理解を得られない場合も多々あります。そういったご家族のケアもできたらと考えております。


大阪市で子どもの発達に悩む保護者の方の相談に乗ります 

子どもの成長は例え障がいがなかったとしてもつい他と比べてしまい、うちの子だけ発達が遅れている気がすると気になってしまうのはどのご家庭でもよくあることです。障がいを抱える子だと尚更少しの発達の違いで一喜一憂をしてしまい、重く受け止めた結果、心にストレスを抱えてしまうご家族も後を絶ちません。そういった方々の悩みを真剣に受け止め、どんな小さな悩みであってもお話を聞いております。
必要であれば生活をサポートし、お子様の成長支援のために保育・児童指導員業務も行います。お子様本人も含めご家族皆様が前向きに将来を見据えていけるようきずなはうすでサポートし、時にはご家族の方に教室での活動を見て・参加していただくこともございます。お子さんの普段見られない一面を見ていただき、そして同じ悩みを抱える他のご家族と交流を持つことで、少しでも皆様の気持ちが楽になっていただきたいと考えております。

障がいを持つ子ども育てるお母さんのケアも行います 

障がいをもつ方のご家族、特にお母さんのフォローは大切なものだと考えております。小さな子どもはそもそも障がいの有無に関わらず発達の段階に大きな違いがあります。それにも関わらず我が子の障がいを受け止めることのできない旦那さんから、「育て方が悪い」「しつけができていない」と責任を被せられるケースが未だに多々あるのが現状です。そういった環境にずっと身を置いているとお母さんがプレッシャーを受けストレスを溜め込んでしまうため、子どもへの接し方に余裕がなくなってしまうこともあります。
お母さんに心の余裕を持ってもらうため、早朝からスタッフがご自宅に伺い子どもの送り迎えをすることによって一人の時間を作っていただいております。仕事をしていない方であっても、買い物や家のことを済ませる時間に、そして自分のための時間に使えるようサービスをうまくご活用いただきたいです。

放課後等デイサービスで家庭とは違った接し方を行います 

大阪市内にて放課後等デイサービスを営む代表は元々介護福祉や児童の支援とは別の業界で働いておりました。だからこそ見える視点で、子どもだから、障がいがあるからと意識することなく、子どもたちに接することができると考えております。ご家庭や学校とは違った「遊び方」「叱り方」「褒め方」で子どもたちと接し、一人ひとりの個性を伸ばしております。
悪いことは悪いと100%の力で叱り、褒めるのは120%の力で、子どもたちへのフォローをしっかり行います。子どもたちだけでなく、保護者の方やスタッフもみんなが楽しく遊べる・学べる教室を理想とし、スタッフには遊んであげるではなく、子どもたちと同じ目線で一緒に遊ぶことをお伝えしています。子どもと同じ目線になることですぐに信頼関係を構築できるため、子どもたちからも「通うのが楽しい」と声が聞こえ、スタッフも毎日新しい発見をしております。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。